近畿大学大学新聞WEB版 発行:近畿大学総務部広報課 メールアドレスへ
≪第414号トップへ
学生 全盲の杉田正幸さん(通信教育部修了生)
府立図書館司書に採用

 平成10年3月に通信教育部科目等履修生の図書館司書コースを修了した全盲の杉田正幸さんがこのたび大阪府立図書館司書として採用された。都道府県立図書館の司書として働く視覚障害者は東京、埼玉、千葉で5人いるが、西日本では初めて。
 
 大阪府の今年度の司書募集では障害者のための特別選考がなく、杉田さんは一般選考で約500人の受験者の中、60倍を超える難関を突破した。
 
 杉田さんは先天性の弱視で、中学生のときに視力を失った。埼玉県立盲学校を卒業後、針きゅう師として整形外科病院に勤務していた。しかし「視覚障害者でもパソコンなどの通信機器を利用すれば図書館サービスに生かせるのではないか」と考え、筑波技術短期大学に入学。本学の通信教育部にも入学し、図書館司書についての勉強を始めた。
 
 スクーリングでは黒板の文字を点訳ボランティアに写してもらったり、テストではパソコンを持ち込んだりと努力を重ねた。杉田さんは「図書館学に関する点字の専門書が少なかったため、ボランティアの方に苦労をかけた」と話す。
 
 図書館実習は、つくば市立中央図書館で行い、貸し出しや移動図書館など多くの部門を担当することができた。その時の経験が「公立図書館で働きたい」という思いにつながったそう。
 
 杉田さんは現在、府立中央図書館(東大阪市)に勤務。「図書館司書の専門職を受験できただけで満足していたのに、合格できたなんて夢のよう。得意なパソコンを生かして、他の視覚障害者の励みになるような仕事をしたい」と意気込んでいる。

(近畿大学大学新聞 第414号 1面 平成12年5月1日発行)

≪第414号トップへ
Copyright (C) 近畿大学総務部広報課 All Rights Reserved.